フロントスタッフ一同、温かい雰囲気で、きめ細かく対応。

内田政雄 事務長(女子学生会館BRICKS)

女子学生会館BRICKSには、私は1998年の開館の2年後から赴任し、28年になります。
前職はビジネスホテルの総支配人でした。
ここでは「隣にお友だちがいるひとり暮らし」をキャッチコピーに、ビジネスホテル仕様のサービスで、館生さん一人ひとりに合わせたきめ細かい対応と、家に帰ってきたようなアットホームで温かい雰囲気づくりを心がけています。
とくに私が心がけているのは、「堅すぎず、軟らかすぎず」という対応です。
フロントに2名のオペレーションスタッフが常駐していますが、いつでも気軽に話しかけていただきやすいように、こちらから努めて声をかけていますね。
ときには、環境の違う生活に慣れず体調を崩す館生さんもいて、近くの病院に付き添うこともあります。

また、保護者の方から様子を心配しての電話連絡が入ると、さりげなく館生さんの体調を伺うなどして、双方の不安を安心に変えることが大事な役目でもあります。
87席あるレストランは、朝6時半から9時まで(土日祝は10時まで)、夜18時半から23時まで(土日祝は10時半まで)開いており、4~6名のコックとスタッフが温かい食事を用意します。
肉系・魚系など、2種類から選べるようになっていて、最近は肉系が人気ですね(笑)。
ほかに、中華フェアや地方の特産品フェアを行ったり、歓迎パーティやバーベキューパーティ、クリスマスパーティなど年3回パーティを催すなどして、趣向を凝らしています。

パソコンルームやクッキングルーム、ランドリールームなど、自由に利用できる設備があるだけでなく、楽器を演奏する館生さんのために、防音設備のあるピアノルームが4室あるのはポイントですね。
私自身もエレキギターを長年弾いているので、弦の張り替えなどを請け負うこともあります。
広いロビーには大型テレビやゆったりとしたソファがあり、中庭など空間をゆったり取っていて、気持ちよく過ごせる共有スペースになっています。
学生会館で2年から4年暮らす人にとって、ここで出会った友だちは一生の友だちになるとお聞きします。
卒業してからも遊びに来てくださる方もいて、仕事のやりがいを感じています。
そういうご縁を感じて、ここでの生活や時間を大切にしながら学業にも一生懸命励んでいただき、楽しい学生生活を送っていただけたらと思っています。

04.安心安全について
PAGE TOP